妊娠初期 Q&A

マタニティーライフ Q&A

Q.運動はどの程度をしてもいいですか?
A.安定期に入ると、軽い運動は可能になります。
ジムやスタジオで許可を求められる場合は
受診の際、許可書をご持参ください。
Q.妊娠中にヘアカラーやパーマをしてもいいですか?
A.妊娠中にヘアカラーやパーマは
おすすめしません。
妊娠中皮膚や髪の毛の性質が変わり
かかりにくくなったり、
アレルギー反応は出る可能性があります。
Q.夫婦生活(セックス)をしてもいいですか?
A.順調な経過をたどっていれば、問題ありませんが
乳首を刺激することによって
オキシトシンが分泌され子宮の収縮を誘発します。
子宮収縮=お腹の張り
また、中で射精や子宮頚部への刺激も
同様に、お腹が張ります。
お腹の張り避けたい方はお控えください。
Q.マタニティーオーラルケアは
A.妊娠中の歯科検診をお勧めします。
妊娠中はお口のトラブルが出やすくなっています。
日頃から口腔ケアと早めの受診・治療をおすすめします。
マタニティーオーラルケアについて
詳しくはこちらをご覧ください。
Q.旅行してもいいですか?
A.軽い日帰り旅行は安定期に入り
順調な経過をたどっていれば問題ありません。
30週以降は遠出を避けましょう。
出かける場合は、妊娠中よりゆったりとした
スケジュールで行きましょう。
長時間の渋滞などで同じ姿勢を続ける場合は
血栓症にも気を付けましょう。
詳しくは、妊娠中の旅行(マタ旅)をご覧ください。
Q.市販薬やその他薬を服用しても大丈夫
A.妊娠中は服用できる薬や
接種可能なワクチンが限られています。
薬が必要な場合は医師・薬剤師にご相談ください。
※妊娠中の予防接種はインフルエンザのみ
※妊娠4週(予定の月経日)までに使用した
薬の危険は考慮しなくてもよいとさせています。
詳しくは、妊娠と薬情報センターをご覧ください。
Q.自転車に乗っても大丈夫
A.おすすめはしません。
衝突した場合の衝撃は強く影響がでることもあります。
車道を走る場合は車との事故の可能性あります。
お腹が大きくなると運転しづらくなるので
かなり注意が必要です。
Q.車の運転で気を付けることは
A.妊娠中は身体のバランスが変わり
やや眠気を感じる方もいますので
運転の際には安全運転を心がけ十分お気を付け下さい
お腹が大きくなると運転しづらくなるので
かなり注意が必要です。
妊娠中のシートベルトについて
以前は免除されていましたが
現在では義務化されています。
妊娠中のシートベルトの着用法 / 警視庁
Q.温泉に入っても大丈夫
A.問題ありません。
のぼせや足元に十分注意して温泉を楽しんで下さい。
詳しくは、妊娠中の温泉についてをご覧ください。
Q.飛行機に乗っても大丈夫
A.最近は航空会社や旅行会社によっては
妊娠中の搭乗には診断書が必要となります。
一般的に影響は少ないと思われますが、
診断書を書けるほど大丈夫である保証もなく
飛行機搭乗可の証明は困難です。
妊娠中に飛行機を利用しなければならない方は、
万全の準備をしてご利用ください。
なお、長時間のフライトは
エコノミークラス症候群の発生リスクですので、
十分お気を付けください。

 

その他、ご不明点がございましたら
お気軽にお尋ねください。
愛育レディースクリニック
〒274-0071
千葉県船橋市習志野5丁目8-16
TEL:047-476-1103

コメントは受け付けていません。

WordPress.com.

ページ先頭へ ↑

WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう